アメリカへの渡航について

アメリカ

2009年1月からアメリカの入国制度が変わりました。
観光やビジネスを目的として90日以内の短期滞在の場合、ビザを取得しないでアメリカへ渡航する人は、渡航前にインターネットで電子渡航認証システムの認証を受けなければいけなくなりました。
この電子渡航認証システムのことを「ESTA」(エスタ)と呼んでいます。

 

アメリカではテロを防止するという観点から、短期滞在のビザを免除している国を対象として、電子渡航認証システムの導入をしました。
日本も短期滞在のビザを免除されている国の一つです。
ビザが免除されている人についての情報を飛行機が出発する前にインターネット上で収集をして、それぞれの渡航者がビザなしで訪米できる条件をきちんと満たしているのか、保安上リスクはないのかなどをチェックしています。
日本のようにアメリカ側が短期滞在についてはビザを免除している国の国民の場合、観光目的やビジネス目的で90日以内の短期滞在ならばビザなしでアメリカに行くことができます。キレイモ千葉で脱毛してから私も行きました。
しかし2009年1月12日からはビザなしでアメリカに行くときには、事前にエスタ申請をして認証を受けるように義務付けられたのです。
アメリカを飛行機で乗り継ぎするために利用する場合も同様の手続きが必要です。
事前にエスタ申請によって認証されていないとアメリカへの入国や飛行機の搭乗をすることができません。
アメリカへ渡航する際には注意してください。
既にアメリカの就労ビザや留学ビザなどを取得している人の場合、エスタ申請をする必要はありません。